今日の新聞記事の社会面を見ていると

浅草 銀幕消ゆ とタイトルが書いてあって
映画館発祥の地、東京・浅草から映画館の火が消えた。
松竹の子会社「中映」が運営していた3館が21日閉館
と朝日新聞に掲載されていました。

浅草で映画を鑑賞した人にとっては
青春の思い出だったり
嫌な事を映画を見て
忘れようと気を紛らわせるために
または、悲しい事を一時忘れる為に
見たり、青春を淡い二人で見た映画館がもう
その場所は無くなってしまい。
心の思い出となってしまったような
寂しさや懐かしかったり…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック